ビットコインとは

2017年1月に価格の高騰を見せ、認知度が高まったビットコイン。
「仮想通貨」「暗号通貨」などと呼ばれることもありますが、ビットコインとはどのようなものなのでしょうか?

参考動画

ビットコインの取引や通貨発行は全てインターネット上で行われます。
通貨といえば政府や銀行などを介して発行されたり、管理されることが一般的です。国が行うことなので、国民は当たり前のようにそれを信頼し使用することができます。
ですが、手数料が高くなる問題も生まれます。

それに対して、ビットコインはP2Pネットワーク上で行われるため、
手数料が非常に安く抑えられるのです。

世界中の人と、安価な手数料で取引ができたら…
とても便利な世の中になります。

それを実現したのがビットコインです。
ビットコインは、世界中で日常的な買い物で使えるように作られています。
「仮想通貨」の名に違わず、紙幣や硬貨は存在しません。
それゆえに発行団体も必要とせず、手数料も低く抑えられるということです。

 

ビットコインを保存する場合は、専用のウォレットアプリケーションや、外部のデバイスに保存することができます。
データとして存在するお金ですので、ハッキング対策としてウォレットに移すことが重要になります。

ビットコインの発行総量は決まっています。
2140年までに2,100万BITとされており、それ以降は発行されません。
現在も価値が上がり続けており、世界中で決済方法にビットコインを導入する店も増えています。

日本でもビックカメラがビットコイン払いを導入しており、2017年には500万の店舗が日本でビットコイン払い対応になると想定されています。
GMOやSBIといった大手企業も参入してくる見込みです。
2017年は仮想通貨元年と言われていますので、今後の普及から目を離せない展開になりそうです。

ビットコインの価格推移

ビットコインが生まれたときには1BTCが0.09円でした。
始めてBITが取引された際には0.2円です。ピザ2枚と10,000BTCが交換されました。
それが今や1BTCは300,000円にまで上昇しています。ピザと引き換えに10,000BTCを手に入れた方の資産は30億円にまで膨らんだ計算になります。
投資先としても非常に人気が高まっているビットコインですが、今後は新しい通貨としての普及も進んでいくことでしょう。

2017年5月の状況

ヨーロッパでビットコイン需要が高まっています。
スウェーデン市場で人気の高いビットコインETNは、安全資産として投資家達に人気があります。
(ETNとはExchange Traded Noteの略で、価格に連動する投資商品です)

アメリカではビットコインETFが否決されましたが、世界的に人気が高まるビットコイン。
今後も市場が拡大することが期待できます。

現在のビットコイン価格