ビットコインの進化系!イーサリアムについて

イーサリアムとは

スマートコントラクト・分散型のアプリケーションを
構築することができるプラットフォームです。

取引のみが可能であったビットコインと比較すると
画期的なシステムです。

スマートコントラクトについてはこちら

大企業も目を付けており、非常に将来が期待されている仮想通貨です。

かくいう管理人も2017年の1月にイーサリアムに投資しています。

2017年1月に1000円台であったイーサリアムが、
2017年5月には一時27,000円にタッチするなど高騰が注目されています。
単純計算で27倍…株式であれば滅多にない爆騰と言えるでしょう。

日本を代表する自動車メーカー「トヨタ」もイーサリアムアライアンスに加盟を発表しました。

イーサリアム含む仮想通貨は今後世の中をさらに便利にしていくために普及していくでしょう。

イーサリアム 4段階の進化

イーサリアムは段階を踏んで機能を拡張しています。
2015年は開発者専用の実験段階「Frontier」です。

これは所謂ベータ版で、何か問題が起こればブロックチェーンの巻き戻しが行われる可能性がありました。

2段階目は「Homestead」、2016年3月にリリースされました。
この時点ではまだ開発者・技術者向けの引き続きベータ版です。

ETHの手数料引き上げ、採掘難易度の調整などが対象となります。

そして今後に3・4段階目の進化が控えています。

3段階目「Metropolis」では公式のGUIとウォレットのリリース等を予定しており、
この段階からついに一般向けとなります。

4段階目は「Serenity」が予定されています。
これは「Proof of Work」→「Proof of Stake」への移行が行われる予定です。

「Proof of Work」についてはこちら

今後の世の中を大きく変えることになる(かもしれない)イーサリアムに期待したいところです。
イーサリアムに投資するなら、コインチェックがオススメです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin