ウォレットでビットコインを安全に保管する

仮想通貨は取引所に預けっぱなしの場合、
ハッキングや取引所の倒産などリスクが高まります。

安全に保管するにはウォレットを利用しましょう。

ウォレットには4種類あります。

■デスクトップウォレット
ウォレットをダウンロードし、
PC上で利用するタイプのものです。
デスクトップウォレットには、
ログインする為のIDとパスワードが必要なため、
それらを他人に漏らさないようにすることが重要です。

コンピューターウイルスにも強く、
PCをメインに利用する人にはオススメです。

ただし、ブロックチェーンの情報を全てダウンロードするので起動に数時間掛かることがあります。
さらにデータサイズも大きいのでPCの容量も圧迫します。

■オンラインウォレット
オンライン上に存在するウォレットです。
ユーザーのセキュリティ対策がしっかりしていないと
他のウォレットに比べてハッキングリスクが最も高くなります。

2段階認証、秘密のパスワードなど、
しっかりと設定しましょう。

他のウォレットと比べると安全性が薄く、
あまりオススメはできません。

■ハードウェアウォレット
PCから切り離せる外付けデバイス型のウォレットです。

PCにつなぎ、USBにデータを保管します。
ネットに繋がっていないので、セキュリティが高く非常に安全です。

デメリットはハードウェア自体が故障したり紛失した場合、
仮想通貨を永遠に失う可能性もあることです。

■ペーパーウォレット
セキュリティ的には最も安全と言われています。
ビットコインを紙やカードに保存できます。
ネットから完全に切り離せるので、
ハッキング対策としては完璧な方法です。

注意点は、ペーパーウォレットの物理的な破損や紛失です。
また媒体自体の経年劣化も対策が必要です。長い年月保管する場合は注意しましょう。
そして濡らしたり汚したりしないようにしましょう。