ICOってなに?

ICOとは、「Initial Coin Offering」の略で、株式の新規上場承認「IPO」をなぞらえた言葉です。
ICO前にはプレセールという、未上場の仮想通貨に投資ができる期間が存在します。

それによって開発チームは資金を調達し、ユーザーは割安に仮想通貨を得ることができます。

ICOをチェックできるオススメのサイトはこちら
http://www.icocountdown.com/

仮想通貨の95%は「怪しい、詐欺」なんて言われることもあります。
投資は自己判断、自己責任となりますが、仮想通貨のホワイトペーパー(技術書)やカンファレンスへの参加をしっかりと行っているか、など色々と判断基準となることは多いです。

「儲かる!稼げる!」ばかり謳っていて技術的なことは何も謳わない仮想通貨には要注意です。
仮想通貨の開発チームは世の中を変革させようとしています。
それに投資を求めるのは正当であり、ユーザーも技術に期待するのです。

仮想通貨のプレセールはしっかりと判断の上、投資しましょう。

さて、ICOへの参加方法ですが、ICOの案件によって異なります。
ICO前の仮想通貨公式サイトにアクセスすると、「TokenSale」「pre-sale」などのメニューがあるのでそちらから参加します。
そのメニュー内でアドレスを入力し、確認をする場合が多いです。
プレセールは期間が定められているので、時期が来れば入力したメールに連絡がきます。

※ICO案件のサイトはほとんどが英語です

ICOへの参加は主にビットコイン、イーサリアムが必要です。
「1BTC=100トークン」といった形で交換できます。

最小の交換単位が設定されていることもあるので、よく確認しましょう。
コインチェックはビットコイン・イーサリアムの外部への送金が可能です。
自身のウォレットがあればそこから送金してもいいでしょう。

ICOの人気は非常に高まっており、すぐに終了することもあります。

ICOに参加すれば「確実に稼げる」などと言われることもありますが、投資に確実はありません。
自分自身で投資の判断を行いましょう。