日本市場初の仮想通貨「Monacoin」とは?

日本のネット掲示板サイト「2ちゃんねる」で生まれた仮想通貨「Monacoin(モナーコイン)」が価格高騰を見せて話題になっています。

Monacoinが生まれたのは2014年。
当初は1MONA=3円で取引されていましたが、ほどなくして99円まで上昇。
33倍の価格上昇となりました。

その後、大幅に下落して0.1円=1MONAに。
低迷が続きましたが2017年7月には再び90円まで価格が上昇しています。
この900倍に値段が高騰しています。

MonacoinはLitecoinをベースに開発されていますが、ブロックの生成速度が1.5分と速いです。(Bitcoin=10分、Litecoin=2分)
発行上限は1億5120万MONAでBitcoin・Litecoinよりも多くなっています。

Monacoinは日本国内でも徐々に普及しています。
2017年に秋葉原のPCショップで決済が可能となりました。
Bitcoinの基盤であるブロックチェーンを取り入れているのでセキュリティなどは他の仮想通貨と同様に安全です。

MonacoinはZaifで取引可能です。